長樺について
経営理念
沿革

経営理念

弊社は1986年に設立され、電子機 器製造(EMS)事業、主に各種電子部品の表面実装技術(SMT、それが VCM LDS SMT (Laser Direct Structuring)、3D-MID SMT(Three-dimensional Molded Interconnect Device)含 め)から、DIP基板実装(PCBA)、完成品組立、検査、梱包、出荷まで一貫して行っています。弊社は台湾国内でOEMの受注のみならず、海外での対応にも実績が豊富で、数々の電子部品高い技術を持って生産しています。お客様満足度向 上、永続の評価を得るために日々弛まぬ努力しています。

時代の変化にともなう市場の需要変化に合わせ、弊社はより精巧な高速設備を導入し、ISO 9000を取得し、国際規格による品質管理を徹底しております。また、通信機器の分野においてもお客様に高品質な製品を提供すべくTL 9000通信品質規格も取得しております。さらに、地球に住む一員として、ISO 14000環境管理規格を取得し、環境保全に積極的に取り組んでおります。2007年には、ISO/ TS 16949自動車業界の品質管理システム規格を取得し、自動車向け電子部品の製造目標である“苦情処理=0Dppm”を達成すべく、環境信頼性試験室を設置し、種々の検査設備をそろえております。

弊社は、将来において取り扱い製品分野の拡大及び新製品・新技術の研究と開発を持続して強化してまいります。お客様には、より速くて高品質のサービスを提供していく所存です。お客様のニーズにこたえることこそ、弊社にとっての最大の達成感と原動力の源であります。全社員をあげて、今後も積極的にお客様のサービスを目標とし、日々改善し続け、お客様との長期的な協力関係を維持してまいりたいとお願います。

  1. 評価 責任
  2. 積極性 価値 革新 専門